メルボルン観光 メルボルン生活

メルボルンの夏(12~2月)暑さ・寒さ調整できるオススメ服装!日本から持ち物リスト

「メルボルンには、1日で四季がある」という話しを聞いたことがあるでしょうか。

日本に住んでいると想像できないのは当然です。

メルボルンの夏の服装の話しなのに「寒さ対策」とは耳を疑いますよね。夏のメルボルンの天候からオススメ服装、持ち物を見てみましょう。

メルボルン年間の最高最低平均と降雨日数

このグラフをご覧頂くとお分かりのように12~2月が一年で一番暑い時期になります。

メルボルンの夏の最高気温

上の折れ線グラフで1月平均の最高気温はたったの26.3℃になっていますが、10度くらいは上下すると思って下さい。

天候は気まぐれで、比較的涼しかったり、ムチャクチャ暑かったりいろいろです。

下記は、実際のメルボルンの週間天気予報です。

メルボルンの夏の最低気温

これも最低気温の平均15.6℃が、10℃くらい上下すると思って下さい。

メルボルンは、熱帯夜はありますが、上記の画像のように続いても3日くらいで終わります。

 

メルボルンの気温差20℃は普通

こんな天候なので、メルボルンに慣れていない人は風邪をひきやすいです。

体調管理には十分注意して頂きたいので、後ほど、服装のお話しをさせて頂きます。

クールチェンジ

メルボルンには、クールチェンジ(Cool change)があります。

暑い時は、オーストラリアの内陸部からメルボルンに掛けて熱風が吹き、40℃超え。

突然、南極からの風向きに変わると冷風が吹いて来ます

実際にこんなことが起きます。

午後4:48 38℃

たった9分経過

午後4:57 29℃

午後8:24  17℃

さすがに21℃も下がると非常に寒く、肌が冷たくなります。

最高気温は2時~3時ではない

この日の天気予報では、夜6時に39℃の予想になっていました。毎日、バラバラです。
中には、太陽が沈んだ後、夜にどんどん気温上昇することもあります。

VELTRA

メルボルンの夏のオススメ服装

前置きが長くなりました。

これだけ記事を読めば、メルボルン天候は、上下の変動がすごいとお分かり頂けたことと思います。

旅行に来られた短期間の間でしたら、メルボルン滞在中は、終始、暑い日だけになる可能性もあります。

インターネットやテレビの天気予報で最高・最低・翌朝の最低気温を見て、温度差がどれくらい上下するか変動の幅を確認して下さい。

その情報を元に、外出の服装準備をすると間違いないです。

私は、男性なので、男性目線の服装のアドバイスになりますが、本来、夏で暑いのでメインの服装は

  • 半ズボン
  • Tシャツ・ポロシャツ・半袖シャツ
  • サンダル

大き目の服の方が通気性が良く快適でしょう。

メルボルンは、湿気がありません。

太陽の当たる所にいるとじりじりと焼かれているように暑いのに、日陰に入ると「なんか寒い」と思う時もあります。

しかし、クールチェンジで突然20℃も気温が急降下することもあるので、春・秋に着るような薄手のシャツがあると温度調整が可能になります

シワにならないような長袖の服があると良いでしょう。

ジーンズも、チノパンも暑すぎるので、薄手の生地のズボンが好都合。

女性の場合は、真夏に日本で着るような服装。

オーストラリア人女性は、かなり肌の露出度が高く、胸がかなり見えているような服装をしています。

日焼けが気になるなら、薄い長袖。

ワンピースも良いでしょう。

サンダルは、必須です
(オススメのサンダルは、革製の高級感のあるものです。念のためバンドエイドも持参)

服装の注意点

高級レストランには、肩を露出しているタンクトップビーチサンダルなどでは入店できません。
空港にあるカンタス航空ラウンジも同様の扱いです。
見た感じジェントルマン(紳士)に見えるなら半ズボンにシャツと革製サンダルでも入店可能です。

ペンギンパレード観光に行くなら、ウインドブレーカーは必需品です。

夕暮れ時の海岸。南極からの冷たい風が吹く中、浜辺でリトルペンギンを待ちます。

これがムチャクチャ寒くて、首をすぼめて待っていると、肩こりから頭痛に発展して、楽しい旅行がつらくなります。

フード付きだと、寒い時に首元を暖かく保温できます。

しつこいですけど、本当にペンギンを待っている間は、寒いです!

オーストラリアで必要な夏のアイテム

  • サングラス
  • 帽子
  • 日焼け止め
  • サンダル
  • 女性は日焼け対策品
  • 日傘(オーストラリアにはない)
  • ショール
  • UVカットカーディガン

オーストラリアの日焼け止めは、油がベトベト・コテコテなので

日本のサラサラの50+の強力なものを持参されると良いでしょう。
(もしも100ml以上ならスーツケースに入れて下さい。手荷物なら没収されますので)


私は、オーストラリアのコテコテの日焼け止めを使っているので、強力な洗顔を数回使わないと日焼け止めが落ちないです。

帽子は、麦藁帽みたいなのが涼しくて良いです。

ただ、スーツケースに入れてオーストラリアに持って来るとつぶれるので、こんなのが良いでしょう。

ワイナリーグレートオーシャンロードで役立つはずです。

まとめ

  • 一日で四季がある・・・よ~くご理解頂けたことでしょう。
  • メルボルンに旅行に来られる方、これから住まれる方、暑さ調整可能な服装(夏~春・秋対応)でメルボルンへお越し下さい。
  • 週間天気予報でご確認ください。
  • 日本のように周りの人の服装を気にして合わす…なんてことはしなくて良いです。自分が快適な服装でお出かけ下さい。

では、ENJOY!

こちらも参考に!
メルボルン40℃超・注意点まとめ

例年であれば40℃を超えるのは、12月末頃から。 しかし、2019年は10月から暑い日が・・・ 40℃越え1~2週間毎に数回続いている。 旅行の予定のある方、ご注意下さい。 目次 メルボルン40度越え ...

続きを見る




-メルボルン観光, メルボルン生活

Copyright© メルボルンライフ★ハウツー , 2020 All Rights Reserved.