メルボルン生活

オーストラリアトレーラー牽引にトーバーが必要!装着方法と牽引と制動能力を把握する

オーストラリアに初めて来て、自動車の後ろについているシルバーの丸い玉・・・あれは何だろうと思ったこと、みなさんありませんか。

しばらくするとトレーラーを引っ張るためのTowbar(トーバー)とわかります。

Towは、車や船を「引く」という動詞です。Barは、「棒」ですね。

オーストラリアでは、Towbarと言い、アメリカ英語ではHitchmember(ヒッチメンバー)と言います。

では、Towbarについて簡単に勉強し、装着方法についても見てみましょう。

トレーラー牽引Towbar(トーバー)の平均価格

Towbarは、牽引を考慮、強度計算の上、設計された自動車だけに取り付けられます。

純正部品としての牽引トーバー(Towbar)

一般的に新車購入時にオプションとして付け、価格はメーカー各社により価格は異なりますが、800~1200豪ドルくらい(工賃含む)でしょう。

もちろんメーカー製ですから保証もついてきます。

アフターマーケット部品としての牽引トーバー(Towbar)

自動車メーカーが設計したものではなく、プライベート・ビジネスとしてメーカーでない会社が設計・製造したものになります。

当然、強度計算などされていますが、ご自身の予算と責任で採用下さい。

 

トレーラーを牽引するTowbar(トーバー)の牽引能力

自動車メーカーのホームページを見ると牽引能力(Towing capacity)の記載があります。

オーストラリアで普通車が牽引するのは当たり前なので、ホームページやいろんな記事がインターネット上で紹介されています。

引用 : スバル・オーストラリアのホームページより

植木、土、簡単な引っ越しなど比較的軽いもの(750kg以下)を運ぶ場合は、トレーラーと連動するブレーキがなくても大丈夫な設計です。

それより重い場合は、トレーラー側にもブレーキが必要で自動車と連動させる必要があります。

2500ccエンジンのスバル車の場合、1,500kgまで牽引可能です。

ディーゼル車の場合は、トルクがあるので1,800kgと牽引能力が高いです。

しかし、一番重要なのは、引っ張る能力よりも止まる能力が最重要

スバル純正Towbar 遠くに見える山は、ビクトリア州西にあるグランピアンズ国立公園

ヒッチメンバー(Hictchmember)/トーバー(Towbar)取り付け方

Towbarは、脱着可能です。必要ない時は、外しておきましょう。

  1. キャップを外す
  2. Towvarを差し込む
  3. 太い鉄製の棒を貫通させ、ピンで抜けないようにする
  4. ボルトを締めてガタガタしないようにする
  5. 手でゆすって確認する
  6. ガタガタしていると運転すると直ぐにわかるのでボルトを再度締め付けるなど点検して下さい。

動画でご確認ください

2019年式スバル・フォレスターTowbar(オーストラリア仕様) こちらは、新しい仕様になっています。

オーストラリアトレーラー使用例

ガソリンスタンドや日曜大工センターBunningなどでトレーラーをレンタルできます。

引っ越し用レンタル・トレーラーもあります。https://www.moveyourself.com.au

レンタル料を抑えるポイント

引っ越し前日の夕方に借りて、夜の間に荷物を積んでおくと、翌朝、即、出発でき効率的。
どうしても積み下ろしに時間が掛かりますので、24時間レンタル料を超えたくない場合は、この方法が良いです。

マイカーとレンタル・トレーラー

マイカーとレンタル・トレーラー

キャンパートレーラーを連結

キャンパー(キャンピング)トレーラー維持費(ご参考)

キャンパートレーラー任意保険  300~400豪ドル(年間)

トレーラー登録料(年間)    60.50豪ドル

まとめ

  • オーストラリアでトレーラーを使うならTowbar必須です。
  • キャンピングカーやボートを牽引したいという目的があるなら、自動車(引っ張る側)と引っ張られる側のセットで考えましょう。
  • トレーラー重量が750kg以上なら自動車のブレーキと連動させるブレーキコントローラーを自動車に取り付けなければなりません。水をタンクに入れたり、寝袋、椅子などをトレーラーに乗せると100kgは軽く超えるので考慮してください。




-メルボルン生活

Copyright© メルボルンライフ★ハウツー , 2020 All Rights Reserved.