メルボルン生活

オーストラリアWi-FiモデムOptusブロードバンドAC800S

電気・水道・ガスに続いて重要なのがインターネット。

電話回線がつながらない、速度が遅くてイライラ、使い物にならないなど不満ばかり聞きます。

私自身も何度もプロバイダーやサービスを変更し、最終的に落ち着いたのがOptusのポケットWi-Fiです。

満足しているので紹介します。

オーストラリアOptus社ポケットWi-Fi

ポケットWi-Fiが意外と高くない。

引っ越す時も楽ちん

自宅以外でも使える・・・ということで、急に興味を持ちました。

ブロードバンドWi-Fiモデム購入前のスピード調査

NBN(National Broadband Networkという高速回線)に変更したのに速度がADSLより落ちたという苦情をよく耳にします。

インターネットを変更する時は、となり、近所の人に何を使っているか確認するようにしています。

感想、評判です。だいたい2年契約という縛りがありますから。

ポケットWi-Fiを使用する前に携帯電話のデータ利用の速度調査(Telstra, Optus, Vodafoneなど)を実施。

自分や友達の携帯電話(他の通信会社)で自宅からブラウザーを開き、速度調査するのです。

そして、電波の強度も(アンテナ1本では、またトラブルです)

https://www.speedtest.net/ ←こちらに行くとインターネットの登り・下りのスピード測定が可能です。

このように測定結果が表示されます

結果、Telstraは高額ですが、速度も最高速。

Optusも良し。実用レベルです。

両社のプランを確認すると、データ使用料と料金面で判断し、Optusに決定

Optusには【店舗価格】と【インターネット価格】あり

インターネット広告を見て店舗に行くと、『それはオンライン価格。ここでは扱っていません』と言われました。

そんな差別化をしているんですね。

ネットで申し込んで翌日届きました。

Wi-Fiモデム簡単設定・瞬時に使用可能

送られてきた箱の中にWi-Fiモデム・充電器・ケーブル類とSIMカードが入っていました。

SIMカードを入れて、電源を入れ、アクティベート(ホームページか電話を掛けてアクティベート)

もう使えます。

スピードテストすると事前調査通り高速なことに大満足

Wi-Fiモデムデータ使用料がどれくらい使えるのか

データ使用量200GBを、私(父)と子供(高校生2人)で十分かという心配がありました。

SNSやメールではそんなにデータを使いません。

消費スピードが激しいのは、YouTube、NetFlix、x-boxゲーム(update)などの動画です。

参考情報ですが、NetFlixで動画を見る場合、1時間の視聴で約1GBデータ使用。

低画質で0.3GB、高画質にすると約3GBデータを使用するようです(目安)。

ここから判断すると1時間半の映画なら月に133本見れる計算。

毎日、映画を見たとして、1日当たり4.4本見れる計算です。

ここまで映画を見ないので、200GBで十分と試算しました。

Wi-Fiモデムを1年使用したレビュー

  • たくさん使ったつもりでも50%くらい(100GB)しか使わず。
  • 時間帯でスピードが変わり、利用者が多い夜はスピードが低め(問題なし)
  • 前のADSL2に比べ物にならないほど高速。
  • 極たまにDisconnectedとなっているときがあり、再起動で解決します。

注意ポイント

Wi-Fiモデムは固定して使用。携帯電話のように移動すると切断されエラー発生。外で使う場合は、目的地に到着してから。移動しない状態で使用しましょう。

Wi-Fiモデム名・パスワードは画面に表示

コロナウイルスで在宅勤務(テレワーク)・在宅スクーリングでデータ使用増加

仕事で大したデータ量は使わないものの、学校のオンライン授業、友達とのグループ・ミーティング、さらに外出できないことでYouTube, NetFlixの使用が増え、一挙にデータ使用量が増加。

もう一つ上のプランに変更を決定、60ドル(200GB)から85ドル(500GB)へ。

最初の24か月は、20%OFFなので$68.00で500GBまで使用可能、8ドル増でさらに300GBもデータ量が増えお得です。

しかし、夜間、インターネット利用者が多いようで、速度が最悪(2020年3月後半~4月)。

オーストラリア全土で低速化し、NBNでも低速化していると判明。

なぜかTelstraのNBNだけは速度低下していないと判明しました。

ここはガマンでプラン変更なしです。

使用時間の変更で、カバー。

Zoom meetingは、22:00以降。

夕方から22:00頃までインターネットを使わないことで対処できます。

Wi-Fiモデムの利点

  • 初めて使う時、インターネットや電話回線の工事完了を待たなくて良い(即、使用可能)
  • 出掛ける時に持ち出せる。
  • セミナーやイベント時にみんなで使用可能。
  • 最大10台まで接続可能。
  • キャンプ場や旅行先で撮った写真や動画をSNSに投稿できるので、携帯電話のデータ使用量を心配する必要なし。
  • さらに日本からオーストラリアに遊びに来た友達にもW-Fiモデムに接続させてあげることで喜ばれ、友達もレンタルの必要なし。
  • 駐在員やワーホリ、留学生でも滞在期間が2年あるなら良い選択でしょう。24か月契約以降、1か月更新にしておけば良いでしょう。
  • SIMカードを差し替えれば、日本帰省時や海外旅行で現地のSIMカード使用で使えるハズです(テスト未実施)

Wi-Fiモデムの欠点

  • 自動車に乗せ、移動しながら使用しているとエラーで切断される。
  • エラーによる切断時、Wi-Fiモデムから再起動ではなく、携帯電話やパソコンから「工場出荷状態のリセット」が必要は少し面倒。
  • 常時、電源を接続し自宅で使用しているのでバッテリーライフが短寿命になるかも。

アプリでデータ使用量を確認できます

データを何に使用したかもわかります

Eメールでも『50%使用しました』と注意を促す案内が届きます。

まとめ

全体的に満足です。

携帯電話やインターネットのプランは、頻繁に変更されるので、都度、確認にして下さい。

このレポートでは、ポケットWi-Fiはとても良いということをお伝えしています。




-メルボルン生活

Copyright© メルボルンライフ★ハウツー , 2020 All Rights Reserved.