メルボルン生活

オーストラリア産ユーカリオイル・クリーナーBosisto'sで殺菌・消毒まとめ

新型コロナウイルス感染が世界に拡大し、オーストラリアでいろんなものが2020年3月から売り切れ。

消毒液・消毒ジェル・除菌シートなども当然売り切れです。

買い物に行くたびにそのコーナーに行きますが、1か月以上経過しても陳列棚は空っぽ。

ようやく見つけたユーカリオイル殺菌スプレーにいろんな効果があると帰宅してから調査し、大発見。

このBosisto'sユーカリオイル・スプレーを紹介します。

注目

ウィキペディア「ユーカリオイル」英語版
Eucalyptus oil was in particularly big demand during the global influenza pandemic of 1918-19.
【日本語訳】
ユーカリオイルは、1918年から19年に世界的なインフルエンザ大流行((スペイン風邪))の際に特に大きな需要がありました。

オーストラリア産ユーカリオイル消毒・除菌・殺菌クリーナー

消毒というとアルコールをイメージしますよね。

今(2020年4月)も、スーパーや薬局に行っても陳列コーナーは空っぽです。

Woolworthsスーパーでたまたま見つけたのがユーカリオイル殺菌スプレーを購入。

オーストラリア産の消毒・殺菌と言えばユーカリオイル

店頭で見かける消毒液や消毒ジェルは、見慣れたもの。

オーストラリアで有名なユーカリに何と殺菌・消毒・服のシミ取り・消臭・器官系の消炎作用などいろいろあります。

いつまで経っても店頭の陳列ケースに並ばないサニタイザーの入荷を待たなくても、自然系の殺菌剤もオススメ。

オーストラリア産ユーカリオイル・クリーナー殺菌スプレーの効能(商品説明)

商品説明には、下記の効果があると書いてあります。

  • 食卓・台所で安心して使える
  • 大腸菌・サルモネラ菌など殺菌
  • 肌に優しい
  • 安価

Bosisto's Multi-Purpose Cleanerの使い方

使用説明は、次のように書いてあります。

  • 吹き出し部分の四角いプラスチック部分を回して SPRAY, STREAM にする。
  • キレイにしたい部分に吹きかけ、8分後に拭き取る。
  • しつこいシミは、スプレーして1分待つ

これなら、洗濯後も気になる衣服の臭いを消臭してみたい。

ソファ・ベッド・靴・車内にも吹いてみたいです。

Bosisto's Multi-Purpose Cleanerの成分

  • 非イオン性、界面活性剤 (何やらさっぱりわかりませんが、英語でNon-ionic (biodegradable) surfactant)
  • ユーカリオイル
  • 自然の砂糖から採取したエタノール
  • 天然アルカリ・ビルダー (また何かわからないですが、英語でnaturally-sourced alkalinity builders)

※漂白剤、アンモニア、塩素、リン酸塩、硫酸塩、人工香料は、入っていません。

オーストラリア産ユーカリ・オイル殺菌スプレー使用レビュー

私は、一般消費者なのでどれだけ殺菌できたかなど科学的なレビューはできません。

手に吹きかけましたが、水のようです。

ユーカリオイルというぐらいだから油のべたべた感があるのではと心配していましたが、べたべた感はありません

手に吹きかけて、特に異常は見られませんでした。

ユーカリオイルの効能

長年オーストラリアに住んでいても知らなかった素晴らしいユーカリの魅力

風邪・インフルエンザ・花粉症対策

  • 強力な殺菌作用をはじめ、抗ウイルス、消炎、去痰作用あり、鼻や喉のトラブルに優れた効果を発揮
  • 免疫機能を高める働きあり
  • 風邪の引き始め

消臭効果

  • ベッドに一吹き、土足でカーペットに上がるオーストラリアなのでカーペットにも吹きたいですね。

のどの痛み・筋肉痛解消

  • ユーカリオイルを垂らして沸騰させるオーストラリア式加湿器があります。
  • 患部に刷り込む筋肉痛み止め

防虫・虫よけ・防ダニ効果

  • 市販の虫よけスプレーもありますが、それらには有害性のある薬品が含まれています。
  • ユーカリオイルを用いた虫よけスプレーなら有害性のある薬品を使っておらず、身体に優しいです。

シミ取り洗濯

  • シミの部分にスプレー。そして、洗濯します。

集中力アップ・リフレッシュ

  • 香りが強く、刺激臭。清涼感のあるグリーン調の香りがリフレッシュさせてくれます。

消毒

  • かすり傷・切り傷
  • マウスウォッシュ・歯磨き
  • 石鹸
  • 軟膏

オーストラリア産ユーカリオイル商品Bosisto社の歴史

1848年 イギリスからジョセフ・ボシスト氏(21歳)がアデレードに上陸。
ゴールドラッシュ時代に金を求めてビクトリアに引っ越したが、代わりにリッチモンドに薬局を開き、オーストラリア植物の医学的、製薬的特性を調査するための研究所を建設。
1852年 オーストラリア初ユーカリオイル蒸留所をビクトリア州に開設。

出典 : https://www.bosistos.com.au
1882年 ユーカリオイルをイギリス・ドイツに輸出
1900年 オーストラリアのユーカリオイル産業が確立され、イギリス、ドイツ、米国、カナダ、南アフリカ、インド、中国、ニュージーランド、極東を含む世界市場に大量の高級ユーカリオイルを供給
1982年 スポーツ選手用の筋肉痛止めを発売開始
1987年 ユーカリオイル・スプレー発売開始
2001年 シドニー大学教授Tovey & McDonald氏が、洗濯による除菌99%を証明。
洗濯産業に進出。

 

まとめ

  • 本商品は、台所や食卓、その他、どこでも使える殺菌スプレー。
  • 今までこんなに最近について意識したことがなかったのですが、あっちこっちにスプレー = 殺菌しています。
  • スーパーで買い物すると、バスケットやショッピングカートを触りますし、アボカドを触って硬さチェックをするということは、ばい菌をもらう可能性が高いですよね。
  • ですから、自動車にも積んであり、ドアを開けたら先ず手にスプレーしています。
  • ユーカリオイルは、1918年から19年に世界的なインフルエンザ大流行((スペイン風邪))の際に特に大量に使われたとのこと。非常に興味深いです。

 




-メルボルン生活

Copyright© メルボルンライフ★ハウツー , 2020 All Rights Reserved.