メルボルンキャンプ

簡単iPhoneだけで夜空・星空撮影ここまで撮れる

iPhoneだけできれいな写真を撮れるようになりましたが、夜空・星空の撮影については難しい。

どうにか試してみようとキャンプ場で夜に試してみました。

結構、綺麗に撮れたのでどうやったのか紹介してみます。

今回、使用した携帯電話はiPhone12です。

撮影前に必要な準備作業

私は、試行錯誤でいろいろと試し、ベストな結果を得られたのは、下記の設定でした。

いろいろな条件や各人の好みで別の設定が良い場合もあるので、ひとつの参考として下さい。

ナイトモード設定

夜に撮影しようとすると自動的にナイトモードになります。

私が試した時は、3秒がベストな結果となりました。

0~10秒の間を選択でしたのですが、3秒が良かったです。

望遠設定

写真撮影をしようとすると、元々、倍率が ×1.0 となっていますが、全体的に星空を撮影してみようと ×0.5 にしてみました。

結果、上手く撮影できず。×1.0 がベストでした。

もっと試してみたかったのですが、たまたまキャンプ中、夜中に目が覚めて星空を撮ることに。

夜となると寒いので、いろいろとチャレンジされたい方は、防寒対策をお勧めします。

撮影時にカメラを動かさない方法

ベストなやり方は、セルフタイマーの活用です。

私の場合、自動車の上にキズが付かないようにTシャツを置いて、その上にiPhoneを横たわらせました。

Tシャツを折りたたんで少し角度をつけることは可能。

注意ポイント

私は、キャンプに行った時に撮影したのですが、たまたまその日は満月

満月だともそらが全体的に明るいです。

肉眼で空を見ても明るいので、星空を狙うなら暗いか事前に確認しておくのが良いでしょう。

iPhone12のみで撮影した写真

上記の設定で撮影。

その後、【写真】を開き、【編集】、露出、ブリリアンス、ハイライト、コントラストなどを調整してみました。

まとめ

  • セルフタイマー使用
  • ナイトモードで3秒
  • 撮影後、編集にて加工

アプリを利用するとさらに良い写真が取れるかもしれませんが、iPhoneだけでここまでできる事例のご紹介でした。




-メルボルンキャンプ

Copyright© メルボルンライフ★ハウツー , 2022 All Rights Reserved.