オーストラリア国内旅行

ナチュラルブリッジ滝(ゴールドコースト観光)行き方レンタカーが便利

名前はわからないけどSNS投稿で良く見かける素晴らしい滝

ゴールドコースト観光では「海」だけと思い込んでいるものの綺麗な多雨林の観光地があります。

今日は、多雨林のスプリングブルック国立公園内のナチュラル・ブリッジへの行き方の紹介をします

ナチュラル・ブリッジはレンタカー・自動車のアクセスが便利

レンタカーが便利で自由が利きます。

マイペースで自分の気ままに時間を使えるのがメリットですね。

しかし、運転に自信がないならツアー申込が良いでしょう。
VELTRA

ナチュラル・ブリッジの行き方(レンタカー・自動車編)

サーファーズ・パラダイスから約48km  51分くらい掛かります。

ゴールドコースト空港から約61km  54分くらい必要です。

どちらのルートで行くかは、ご自身のスケジュール次第ですね
AUS
JPN
オススメありますか
ゴールドコースト空港に早く到着し、チェックインするまでに時間があるなら空港からナチュラル・ブリッジ観光が時間調整になり好都合ですよ
AUS
こちらも参考に!
グーグルマップを無料で圏外で使う方法

海外へ携帯電話を持って行くけど、 現地の携帯電話会社のSIMカードを買う? インターナショナル・ローミングする? 現地で写真を撮りホテルのWi-Fiを使うるだけで充分? 他にも山間部や携帯電話の電波が ...

続きを見る

スプリングブルック国立公園ナチュラル・ブリッジの見どころ

駐車場に車を停め、車外へ降りると鳥のさえずりが気持ちよく癒されます。

また、湿度の高さを感じる瞬間でもあります。

直ぐに公園案内の掲示板や公衆トイレがあります。

ココに注意

  • ここを過ぎると一周 約1時間要するので、水など自動車内に忘れていないか確認しましょう。
  • トイレは水洗式ではありません。おしぼりウェットティッシュ、消毒ジェルがあると便利ですよ。

この場所の案内地図

普段目にしない珍しい木があるのでカメラ(携帯電話)をお忘れなく

どんどん下って行きます。

こちらの橋を渡った時に見える上流に滝があります

ウナギがいるそうです。

ウナギの説明↓

この辺りがいつもSNSで皆さんが投稿している滝の写真です

写真撮影用のデッキがあります。

ここから階段で洞窟の中に降りて行きます。

階段手前に掲示されている注意事項

土ボタル(ヒカリキノコバエ)が洞窟の天井に着いており、これらを驚かすようなメラのフラッシュや懐中電灯で照らす行為は禁止されていますのでご注意下さい。うっかり知らずにやってしまいます。

夜間、こちらに来た時、安全上の理由で地面を短時間照らすことは許されています。

写真右上の階段から降りてきます。

昼間でも薄暗いです。

怖がるお子さんもいるかもしれませんのでご注意を

何とこの滝、水の落ちる所が明るいのですが、なんと丸い穴になっています。

その穴に落ちてきた水を下の洞窟で見ているのです。

上から見るとこんな感じです。

滝から離れ登って行く途中にこの看板があり、鳥のさえずり・カエルの鳴き声が聞こえると書いてあります。

耳を澄ましてみましょう。

ナチュラル・ブリッジ/スプリングブルック国立公園(世界遺産)の土ボタルについて

日本では、「ヒカリキノコバエ(光茸蝿)」と呼ばれている。

生息地は、ニュージーランドとオーストラリアの一部(世界遺産にしていされている洞窟)

幼虫は、洞窟などの天井に生息。

粘液を20から40cm垂らす。

暗闇で青白い光を発し、虫を誘き寄せて粘液で絡め取り捕食する。

【入場料】 無料

【駐車場】 無料

ナチュラルブリッジに持って行くもの

【昼】水、ハンカチ、日焼け止めなど

【夜】懐中電灯 か 携帯電話のフラッシュを利用 (しかし、土ボタルを直接、照射しないこと)

 

まとめ

昼間は滝を見て、夜は土ボタルを見るのが良いでしょう。

しかし、二往復は大変なので、夕方に滝を見て、近くで暗くなる日暮れまでピクニックをするか、数少ないカフェで時間をつぶして、暗くなってから戻ってくると土ボタルも見れ一石二鳥でしょう。

こちらも参考に!
ナチュラル・ブリッジ観光後オススメお土産屋さんご紹介

ゴールドコーストの観光でナチュラル・ブリッジ滝を訪問してもお土産屋さんや売店はありません。 しかし、しばらくさらに進んで行くとクイーンズランド州・ニュー・サウス・ウェールズ州境界線ならではの特産青空市 ...

続きを見る

こちらも参考に!
ゴールドコースト近く有名な観光スポット「ツイン・フォール(双子)滝」

ゴールドコーストというとサーファーズパラダイス、海側だけが観光スポットと思っていませんか。 山の方にも素晴らしい所があるんですよ。 今日は、Twin Falls(双子の滝)をご紹介致します 目次 ツイ ...

続きを見る




-オーストラリア国内旅行

Copyright© メルボルンライフ★ハウツー , 2020 All Rights Reserved.