メルボルンキャンプ メルボルン生活

ウィルソンズプロモントリー国立公園キャンプ~アウトドア全般楽しめる楽園

ビクトリア州にあるWislons Promontory National Park、メルボルンの東、オーストラリア最南端の国立公園です。

遠いのですが、オプショナルツアーでも行くことも可能。

ここはビクトリア州???と思うような素晴らしいWilsons Promontory National Parkをご紹介します。

ウィルソンズプロモントリー国立公園 Wilsons Promontory National Park行き方

メルボルンから自動車で約3時間(ノンストップの場合)。

なので現地1泊ではなく、最低でも2~3泊はしたいです。

ウィルソンズプロモントリー国立公園 Wilsons Promontory National Parkへ行く方法

  • 自動車
  • ツアー VELTRA H.I.S.

になりますね。

もちろん電車は走っていないので、公共交通機関では行けません

ベストなのは、自動車ですが、無理ならツアー VELTRA か H.I.S.になります。

結局は、同じツアーのようですが。週に3日、実施されるようです。

しかし、最低4名集まらないと実施しないと条件があるので、友達を集めて4名以上で申し込むと確実に実施されるでしょう。

英語ツアーのみです。

海外現地オプショナルツアーなら【VELTRA / Alan1.net】

私が、ウィルソンズ・プロモントリー・キャンプツアーを実施してあげましょうか・・・。

こんな感じです。

ウィルソンズプロモントリー国立公園 Wilsons Promontory National Park予約方法

Parks VICTORIAというビクトリア州が運営する施設に泊まります。

広大な敷地にキャンプ場とキャビンがあります。

キャビンは、4人、6人、12人宿泊といろんなタイプがあるので、ホームページで確認し、クレジットカード払いで予約可能。

一旦、申し込むと日程変更できません。

また、ホームページは、英語のみです。

キャンプされる方は、1つの予約で6人まで宿泊可能。

Unpowered Site- Tidal River (キャラバンやテントを張って寝るだけ)
Powersite (コンセントが使える) を予約します。

Overnight Hikeと書いてあるのは、1泊2日掛けて山を歩き、自動車で行けない所にテントを担いでいき、泊まる所なので間違わないように

Unpowered Site- Tidal River、Powersiteなら共用シャワー(温水)とトイレ(水洗)も使えます。

 

ウィルソンズプロモントリー国立公園 Wilsons Promontory National Park見どころ

Tidal River タイダル・リバー

何と言っても大自然の中で過ごせ、透明度の高いこのビーチで遊べ、山も歩けることがここの魅力です。

Tidal Riverのビーチは、運動場のようにフラットで、約1km見渡せる大きなビーチです。

子供さんでも安全です。クィーンズランド州ではゴールドコースト、サーファーズパラダイスが有名ですが、ウィルソンズプロモントリーのような穏やかな波ではありません。

ここは、水が太陽の光りで温められるようで、水は、それほど冷たくありません。

山登りされる方は、向こうに見える岩の山へ登れます。

山頂からの眺めは、格別です。

タイダル・リバーでお好みのレジャーを楽しむ

釣り・カヤック・スタンディングボート、散歩、みなさん楽しみ方は自由。

時間が止まったようなゆったりとした時間を過ごせます。

釣りをするには、Victorian Fisheries Authorityに釣りライセンスを申請し、免許を取得する必要があります

また、一定の大きさに達していない魚を持ち帰ることは禁止されており、捕まると罰金です。

潮干狩りで貝を取るのも釣りライセンスが必要。捕獲量も制限されています。

ウィルソンズプロモントリー国立公園キャンプ場

  • 11:00以降 チェックイン
    11:00 チェックアウト (早く行かないと損ですね。前日から自動車に荷物を積んでおきましょう)
  • 広大な敷地にテント455帳を張れるそうです。
  • 1つの予約で6名まで宿泊可能。
  • 共用トイレ、シャワーあり (シャワー1人4分に協力しましょう) コインランドリーもあります(要小銭)
  • 夜は、野生動物が出てくるので、食料品はテント内や自動車内へ。
  • うっかり放置しておくと食い荒らされます。

Squeaky Beach スクウィーキー・ビーチ 鳴き砂海岸までハイキング

タイダル・リバーキャンプ場から徒歩片道約1時間掛かりますが、ひと山越えて、隣りのスクウィーキー・ビーチまでハイキングできます。

片道1時間も掛けて行くので、ドリンクはもちろん、ランチ・スナックもあるとゆっくり過ごせるでしょう。

迷子になることはありません。1本道です。

日焼け止めや帽子、サングラスをお忘れなく

自動車でもスクウィーキー・ビーチへ行けます。

こちらも参考に!
グーグルマップを無料で圏外で使う方法

海外へ携帯電話を持って行くけど、 現地の携帯電話会社のSIMカードを買う? インターナショナル・ローミングする? 現地で写真を撮りホテルのWi-Fiを使うるだけで充分? 他にも山間部や携帯電話の電波が ...

続きを見る

ビーチサンダルでも歩けますが、歩いていると砂が入り不快かもしれません。

小さなお子様でも歩けます。

海は、瀬戸内海の島々を眺めているような気分になります。

水の透明度が高く、ターコイズ・ブルーとかエメラルド・グリーンという感じで、クィーンズランド州に来たような気分。

岩の向こうに見えるビーチが、歩くと砂が鳴るスクウィーキー・ビーチです。

実際に私が歩いた時の動画です。キュ、キュとかかとの辺りから音が出ます。

Squeaky Beachでは、サーフィン初心者にちょうど良さそうな波が来ます。

注意ポイント

  • 人気があり過ぎて12~2月初めまで平日も満員・満室で予約困難です。
  • 混雑していない12月前半まで、2月後半以降を狙うしかないです。
  • インターネットで空き状況をご確認ください。
  • Coles, Woolworthsのようなスーパーは近くにありません。
  • どうしても必要なものがあれば、キャンプ場にあるお店(General Store)で購入するしかありません。
  • 最寄りのスーパーまでは、片道1時間掛かりますので、往復2時間。
  • 田舎の店なので20:00には閉店します。
  • バックアップ策として缶詰や日持ちする十分な食料を持って行きましょう。

最寄りのスーパーIGAまで遠いので十分な食料品を持参しましょう

 

スクウィーキー・ビーチ(鳴き砂海岸)公衆トイレは駐車場にあり

ビーチから2分ほど歩かなければなりませんが、トイレは、Squeaky Beach Car Parkにあります。

ウィルソンズプロモントリー国立公園のビーチに持って行くものリスト

  • 食べ物
  • サーフボード・ブギボード
  • ビーチテント
  • 日焼け止め
  • 帽子
  • サングラス
  • タオル

Kmart、Anaconda、BCFなどアウトドア用品店に行くとこのようなテントを買えます。

オーストラリアは紫外線が強いので、私は、紫外線対策 UPF 50+ を使っています。UV対策のあるものが良さそうです。

 

pop up tent 50+

両横のポケットに砂を入れて重しにし、飛ばされないようにします

まとめ

  • 人気スポットなだけに、早めに計画を立てて、まずは予約して下さい。
  • 予約が一番難しいです。
  • 夏にビーチ沿いのキャンプ場を申し込みたければ、相当前から予約する必要があります。
  • 連泊の条件が付くキャンプ場も多いので、なかなか思った通りに予約できないことも多いでしょう。
  • オーストラリアで人気のホテルやキャンプ場は、1年前から予約されています。
こちらも見てね!
知らなかったグランピアンズ絶景スポットへ行こう

メルボルングランピアンズ観光スポット(日帰りコース)からの続きで、今回は、2日目(2日間)コースです。 前回の記事「日帰り」や「1日ツアー」は、一般的な有名どころへの行き方でした。↓↓↓ 2日目コース ...

続きを見る

こちらからレンタカー、レンタルモーターホームも予約できます。カンタス航空マイレージも貯められます。




-メルボルンキャンプ, メルボルン生活

Copyright© メルボルンライフ★ハウツー , 2020 All Rights Reserved.