メルボルン観光 グランピアンズと周辺観光

グランピアンズ秘密のインスタスポットHollowMountainの行き方

グランピアンズ観光と言えば、有名どころだけを見て終わっていませんか。

有名どころと言えば、日帰りツアーで行くようなメジャーな所

  • ボロカ展望所
  • マッケンジー滝
  • ザ・バルコニー

しかし、そこに行くと「ここはオーストラリアですか」と思うほど、オーストラリア人以外の人々が多数。

そこで、これら以外の所に行くと本当のオーストラリアを楽しめます。

今回は、観光客が来ないグランピアンズ北部の Hollow Mountain の行き方について説明します。

グランピアンズの秘密のインスタスポット

秘密のスポットというだけあって、人は少ないです。

さらに舗装された道路ではなく、未舗装道路、つまり土の道を走ります。

いかにもオーストラリアらしい予感がしますよね。

4WDでなくても行けます。

また、自動車も土ほこりで汚れることをご承知おき下さい。

さらに道がガタガタ過ぎてボルトやナット、ねじが外れるのではないかと思うくらい振動がすごいことも覚悟しておいてください。

グランピアンズHollow Mountain駐車場への行き方

グランピアンズの中心地 Halls Gap (ホールズギャップ)から行く方法と高速道路から行く方法があります。

今回は、2つのルートを紹介します。

ホールズギャップから行く方法

ホールズギャップから行く場合、36kmの内、34kmは未舗装路です。

高速道路から行く方法

一番わかりやすいルートとして、高速道路にある有名なジャイアントコアラ (Giant Koala) からの行き方を説明します。

しかし、このルートで行っても、未舗装路を数km走らなければなりませんが、運転中の振動は少ないです。


お好みに合わせてルートを選んでください。

ガソリンスタンドはありませんから十分な燃料を確保しておきましょう。

Hollow Mountain Carpark

舗装されていないので、土の上に駐車します。

バスの駐車場もあるので、それなりの人気スポットなのでしょう。

そして、ありがたいことに公衆トイレもありますが、水洗ではありません。

おしぼりテッシュ、消毒ジェルがあると便利です。

Hollow Mountain登山へ出発する前に

ここか出発地点です。

Hollow Mountainは、まっすぐ進みます。

左に行くと、アボリジニーがいた所を見れるスポットがあります。

この看板は、エアーズロック観光で見かける看板と同じです。

「熱中症対策」を呼び掛けていますね。

水、スナック、帽子、サングラスなどお忘れなく。

携帯電話(私はtelstra)を使えましたが、他社でも使えるのか不明です。

緊急時に電話が通じない可能性もあるので、1人で行かずに複数人数で行かれることをお勧めします。

Hollow Mountain所要時間

現地にある案内の看板を見ると、往復1時間~1時間半となっています。

進行方向がわかりにくいのですが、人の歩く所は、自然と道ができています。

ところが岩場になると、どこを歩いているのかまったくわかりません。

目印とし、黄色い▶がペイントされていますが、それがわかりにくい場合もあります。

Hollow Mountainにある洞窟からの眺め

ここは、インスタ・スポットして写真を撮り、投稿されている所。

洞窟と言っても、岩の隙間なので洞窟というほどではありません。

そこに入って撮った写真がこちらになります。

眼下に広がるオーストラリアの大地。

絶景です。

グランピアンズ観光にバスツアーで出掛けてもこんな所へは連れて行ってくれません。

この洞窟の前から駐車場が見えます。

Hollow Mountain山頂

先ほどの絶景ポイントからどちらに行くのか全然わかりにくい。

当てすっぼで、その洞窟の裏の方へ進んでみましたが、間違い。

洞窟側ではなく、開けている方(北側)の進みます。

すると、また、黄色い▶があります。

何となく高い方に進んで下さい。

それでも、どこが山頂なのかわかりにくいです。

Hollow Mountain Summit (山頂) 50m の標識を探しましょう。

しかし、どこをどうやって、この岩の上に登り、どれが山頂がわかりにくいです。

ロックプール(岩の上の水たまり)を所々に見掛けます。

そして、山頂らしき所に到着です。

目印さえありません。

360度の絶景です。

Hollow Mountain帰り道

登って来た方向に向かうのですが、黄色い▶の印が帰りルートにもあるのでわかります。

中腹でよじ登った岩場が危険です。

そのあとの険しくないルートに戻って来た時に「あれ、これであってる?」と怪しくなります。

しかし、迷うことはないでしょう。

グランピアンズHollow Mountainまとめ

観光客が来ない、本当のオーストラリアを楽しめます。

ここですれ違う人は、山が好きな人。

そして、ヨーロッパからの旅行者が多いと感じます。

せっかく高い所に登るので、飲み物、スナックも持参して、山の上で景色を楽しみながら楽しむのが良いでしょう。

山の上では、Telstra、OptusのポケットwifIも使えました。

直射日光に当たると日差しが強くて暑く、雲が掛かると寒く感じます。

バックパックに必要なものを詰め込んで、安全に楽しんで下さい。

サンダルや靴下も履かずに登ることはできません。

お子さんでも登れますが、途中、一か所だけ険しい岩場があるので、十分注意して登って下さい。

最後に私が撮影した道中の動画

お役に立ちますと幸いです。

Home




-メルボルン観光, グランピアンズと周辺観光

Copyright© メルボルンライフ★ハウツー , 2021 All Rights Reserved.