メルボルン観光 オーストラリア国内旅行

オーストラリア観光ビザETASオンライン申請(滞在3ヶ月以内)

オーストラリアへ短期旅行する場合は、イータス ETAS (Electronic Travel Authority System)という電子渡航認証が必要です。

航空券だけ買って、空港に行き、スーツケースを預けている時に指摘されドキッ!とすることがないようにしましょう。

申請はインターネットで申請可能

日本語ホームページなので簡単です。

では、出発前に申請してみましょう。

オーストラリア3ヶ月以内の短期滞在にETAS申請・入国許可が必要

ETASをインターネットで申請

ETAS申請については、こちらに詳しく記載されています。

申請ページは、こちらになります。

ETAS申請に必要なもの

ETAS申請に下記のものが必要です。

準備期間、万が一のやり直しも考慮して、早めに申請して下さい。

  • パスポート
    (残存期間はオーストラリア出国日+1日以上。しかし、飛行機の欠航など不測の事態も想定して、十分、期限が残っている方が良いでしょう)
  • クレジットカード
  • Eメールアドレス

クレジットカードは、ビザの申請料です(クレジットカードがなければ家族のものでも可能)

オーストラリアでは、キャッシュレスが進んでいますので、クレジットカードは必須です。



ビザは、パスポート番号とリンクしているので、パスポートにビザのスタンプやステッカーがなくても大丈夫ですよ。

ETAS申請にあたりよくある質問と回答

こちらのホームページで紹介されています。

再入国できるようにルールは守りましょう

オーストラリアでは、入出国管理に当たりキッチリ連携されています。

トラムの無賃乗車で捕まったり、交通違反で罰金を踏み倒したりしていると、次の入国時に指摘され入国拒否があるかもしれませんので、オーストラリア滞在中は常にルールには従いましょう。

新婚旅行でオーストラリアに来た新婚さん。

新婦は入国でき、新郎が入国できない・・・なんて話を聞いたことがあります。

こんなことは、絶対、避けたいですよね。

海外現地オプショナルツアーなら【VELTRA(ベルトラ)】

まとめ

最悪の場合、空港でスーツケースを預ける時に指摘され、携帯電話で申請し、間に合ったという話しをたまに聞きます。

もしも、ビザの許可がすぐに下りなければ、オーストラリアに入国できなくなるので、やり余裕を持って申請しましょう。

ビザが下りなければ、オーストラリア大使館に問合わせ、やり取りする時間も必要ですから。

こちらも参考に!
オーストラリア入国審査スマートゲートについて説明します

オーストラリアへの入国は、 ①従来の方式の入国審査官にパスポートを渡し、手作業で審査の上、スタンプを押してもらう方法 ②SmartSmart Gate(スマートゲート)という無人入国審査 の二種類があ ...

続きを見る

 




-メルボルン観光, オーストラリア国内旅行

Copyright© メルボルンライフ★ハウツー , 2020 All Rights Reserved.